看護師の職場【看護師に復帰したい】

看護師の職場

看護職には、4つの資格「看護師」、「保健師」、「助産師」、「准看護師」があり、
このうち、看護師、保健師、助産師は、
国家試験に合格して厚生労働大臣から免許を得る「国家資格」です。

 

准看護師は、都道府県が行う地方試験を受験し、
合格して都道府県知事から免許を得る資格です。

 

そして、看護師の資格は取得すると一生使うことができ、
更新制度もありません。

 

さて、看護師と聞くと、女性を思い浮かべる人が多いかもしれません。

 

ですが、現在、全国に男性看護師は5万人以上います。

 

看護師は、女性でも男性でも、性別に関係なく看護師という職業を選ぶことができ、
男性看護師の割合は年々増加していますし、
病院での男性看護師の需要は高くなる傾向があり、
積極的な男性看護師の雇用を進める施設も多くなっています。

 

以前は、女性を「看護婦」、男性を「看護士」というように、
「保健婦助産婦看護婦法」で定めていました。

 

ですが、男女雇用機会均等法が実施され、
「保健婦助産婦看護婦法」は、「保健師助産師看護師法」と改正され、
2002年3月からは、男女とも「看護師」というように統一されています。

 

男性看護師といえば、以前は精神科に圧倒的に多かったのですが、
現在は救急、小児科、整形外科、内科、外科とうように、
様々な領域での活躍が目立ちます。

 

また、「保健師」は、1993年から男性が国家試験を受けることができるようになっていますが、
「助産師」については、分娩へのかかわりが中心になるので、
ケアを受ける妊産婦の権利をどのように保証するかという問題もあることから、
日本では、まだ、男性が助産師の資格をとることはできないことになっています。

 

しかし、男性看護師は、男性だからこそ分かり得る男性患者さんへの関わりができること、
また、看護の新たな役割や発展について期待されています。

 

看護職になるためには、色々な病気について、治療について、療養方法についてなどを勉強し、
医療や福祉に関する制度についても勉強します。

 

医療現場で病む人の生活を支えるための幅広い知識を得て、
出産や子育てについても学びます。

 

このような看護職になるための知識は、
仕事の上ばかりでなく、自分の人生にも役立つものです。

看護職の活躍の場

看護職の活躍の場は、とても広いです。

 

看護師の8割・助産師の7割ほどは病院で働き、
保健師の8割ほどは、市町村や保健所で働いています。

 

自宅で療養する人を支える

 

日本では、入院日数が短くなる傾向にあります。

 

そして、高齢化が進み、病気と付き合いながら在宅で暮らす人も増えています。

 

病気があっても、高齢になっても、自宅でその人らしく生活するという人が増えている中、
その人たちを支える人が求められています。

 

病と共に在宅うで生活する人、或いは高齢者を支える人とは、
看護職だけでなく、介護保険法によるサービスを計画して調整するケアマネージャーや、
福祉サービス関係者等さまざまな人がいます。

 

そこで看護職は、医療の知識を持って、
医療職以外の人とも協力する力が求められます。

 

また、看護職は、私たちが住んでいる町や地区を「地域住民」と捕らえ、
その地域の健康問題を捉えて必要な支援を考える働きをします。

 

そして、ケアマネージャーや訪問看護ステーションの看護師、
福祉施設や福祉サービスのスタッフと協力しながら、
高齢者や病気がある人が、住み慣れた家で安心して暮らすことができるよう
サポートしていくことが求められます。

 

病院やクリニック(診療所)で働く

 

主な看護職は、看護師・助産師・保健師です。

 

病院やクリニック(診療所)で働く看護師は、
病気を抱えた患者さんにまつわる様々なことに関わっていきます。

 

具体的には、医師の診療の補助として注射や点滴、傷の処置、
治療中の体の清潔を保つ支援、心のケアなどを行ったり、
外来での相談、訪問看護、分娩介助、
病気とどのように付き合っていくのかの相談にのるなどします。

 

保健所や保健センターで働く

 

主な看護職は、保健師です。

 

保健所や保健センターには、看護職として「保健師」がいます。

 

保健師は、一人ひとりの住民に対して、また、地域の健康問題について、
その対策や住民の健康増進に向けて取り組んでいます。

 

訪問看護ステーションで働く

 

主な看護職は、看護師です。

 

訪問看護ステーションは、病院以外の治療の場として、
在宅療養を支えています。

 

在宅療養する全ての患者さんが対象になるので、
幅広い知識が必要です。

 

病院付属の訪問看護ステーションや、会社として設立された訪問看護ステーションなど
様々な種類がありますが、
訪問看護ステーションの看護師は、治療やケアが必要な患者さんの家に訪問し、
点滴や処置、心のケアなどの看護を提供します。

 

高齢化が進む現在の日本では、今後ますます必要性が高まるでしょう。

 

老人保健施設で働く

 

自分で動くことが難しい高齢者は、
ホームヘルパーによる家事や入浴の手伝い、
デイサービスなど、介護保険によるサービスを受けることができます。

 

この介護保険によるサービスを組み立てるのが「ケアマネージャー」です。

 

そして、この職種で活躍している看護職の人もたくさんいますし、
老人介護施設などにもたくさんの看護職がいます。

 

老人保健施設の看護師は、普段、医師がいない職場で、
緊急の対応や病状の判断、病院との連携、介護職員に対しての医療的アドバイスなど、
様々な仕事をします。

 

企業や保育所などで働く

 

主な看護職は、看護師・保健師です。

 

組織にいる人の健康維持に貢献します。

 

助産所で働く

 

主な看護職は、助産師です。

 

分娩介助、妊婦さんと家族の支援、新生児のケアを行います。

 

看護師復職支援セミナーを受けると、復帰に向けて大きな前進になりますよ!